簡単にいい汗がかける方法

  • 投稿日:
  • by

汗をかきにくい方は、簡単に汗が出る人をうらやましく思ったことがあるのではないでしょうか?汗が出ないというのは、危険信号でもありますので、ぜひ汗を出す方法を実践し、汗をかきやすい体に変えていくよう工夫してみましょう!

 

<汗をかきやすい体作り>

良い汗を簡単に書く方法として外せないのが、汗をかきやすい体作りです。ちょっとしたことで、代謝が上がり、汗をかきやすくなるのです。ぜひ、試してみてくださいね。

 

・朝食を食べる習慣

太っている人は汗をかきやすい、などといわれていますが、実は代謝の高い人も汗をかきやすいものです。例えば、朝ごはんを毎日摂取するといった人も、汗は出しやすい状態にしているといえますね。というのも、朝食を食べると、体温が上昇し、結果として基礎代謝も上がるからです!毎朝、朝食はコーヒーや牛乳、野菜ジュースだけなんて方は、ぜひお握り1個だけでも口に入れてみると、良いかもしれませんね。

 

・半身浴

毎日、心臓から下の半身だけ入浴する、半身浴で10分以上体を温め、さらに肩までつかりたい方は、その後にお湯を足して入る、という方法がお勧めです。半身浴をすると、体からだらだらと汗が噴き出してくるのを感じるはずですよ!1週間程度で、体が変わってくるのが感じられると思います。

 

<簡単に良い汗をかく方法>

 

・ウォーキング

朝食や半身浴で、汗をかきやすい体を作ったら...、毎日20-30分程度を目安に、早歩きでウォーキングをしてみましょう。以前よりも簡単に汗が噴き出してくるのを、感じることができると思いますよ。

 

・手足浴

実は、お風呂に入るだけではなく、手足だけを熱めのお湯につける、高温手足浴もお勧めなんですよ!効果としては、ゲルマニウム温浴と同じくらいの効果が自宅でだせるといわれています。両方の腕の肘から下、足の膝から下を1日10分間する、という方法です。1週間程度で、汗が書きやすくなるといわれていますが、高血圧や心疾患の方はNGとされているので気を付けてくださいね。お湯の温度は、若干熱め、44度程度が良いといわれています。

ダイエット効果の高いサウナスーツを集めてみました            

汗を出す重要性

  • 投稿日:
  • by

みなさんは、汗を出す重要性について考えたことがありますか?

汗を出すのは、デトックス効果と、体温調節でしょ、と大まかにわかっている方も多いかもしれませんが、実は汗を出すのは人間が生きていくうえで、とても大切なことなのです。そこでここでは、汗を出すことの重要性について、ご紹介しています。

 

〇汗で脳の温度を一定に保つため!

人間は、「脳」がすべて、といっても過言ではないですよね。ところがこの脳が、衝撃や温度に弱かったりするわけです。例えば、体内の臓器の中で脳以外の臓器は、38度になったとしても、40度でも、その温度のせいで臓器が壊れてしまうことはなかなかありませんが、脳の場合は38度以上から、なんだか頭がはっきりせず、「辛い」と感じるようになるかと思います。考えられなくなって、集中力を維持できなくなりますよね。こういった事態に対処してくれるのが「汗」なのですね。汗を出して、体温の上昇を抑えることで、脳が熱のせいで壊れてしまうことを防いでいるわけです。

 

〇汗にはデトックス効果があるため!

先にチラッと触れていますが、汗を出すことは、デトックス効果が期待できるということでもあります。私たちの日常生活では、知らず知らずに有害物質を体に蓄積してしまっているのです。その有害物質を、汗でデトックス、ようするに「解毒」「毒だしする」ということになりますね。

 

体の中には、有害ミネラルのほか、食品添加物、ダイオキシンといった有害とされている物質、さらに老廃物と息を吸うだけでも、また食事をするだけでも有害物質を溜めてしまっているのです。こういった有害物質は、一応体の外に自然と排出されるシステムになってィアス。便や尿、汗、爪、毛髪から出ていっているわけなんですね。そして発汗を促すことで、汗からのデトックスも期待できる、というわけです。

 

こういった点からも、汗をかくことは重要といえるでしょう。一番大切なのはやはり、「温度調節の役割」なのは間違いありませんけれどね。

汗はどうして出るの?

  • 投稿日:
  • by

みなさんは、汗がどうして出るのか、なんとなくご存知だと思います。

「体を冷やすためでしょ?」と、なんとなく汗の理由を知っている人は多いのでは。けれど、本当に細かくどうして汗が出るのかご存知な方は、なかなかいらっしゃらないかもしれません。ここでは、汗がどうして出るのか、一緒に学んでみましょう!

 

<汗は体温調節>

暑い時、顔から脇から噴き出してくる汗。臭いが気になるけれど...、汗が出なかったら命が危険になるほど、汗は体温調節という重要な役割をしているのですね。人間は、恒温動物といわれていますが、特に大切な臓器の温度はだいたい37度程度で保たれているそうです。ただ、運動や夏の空気などで、体に熱がこもりすぎてしまったときは、体の外に熱を放出してあげなくてはならなくなりますよね。その時、汗をかくことで、熱を体の外に出し、さらに体を冷やしているのです。

 

<汗が出る原因は?>

 

暑い外気や運動以外にも、汗が出ることってありますよん。

例えば、面接の時に手に汗を握ることもありますし、緊張して脇に汗をかくこともあります。ラーメンを食べたりすると、鼻の頭に汗をかきますし、辛いものを食べた時にも汗が出ますよね。驚いたときにも、焦って出るものなんですね。エクリン腺と呼ばれるところから分泌される汗は、だいたい体の温度を冷やすために出る汗といわれています。

 

逆に、陰部などあまり目立たない部分にかく汗は、アポクリン腺というところから分泌され、ここから出る汗は体を冷やすためではないのですが、フェロモン系の役割をしており、臭いがきつめの汗がでるのですね。アポクリン腺量は黒人・欧米人に多く、アジア人には少ないといわれています。

 

汗のにおいが気になる、という方は、アポクリン腺の量が多いというワケではなく、日本人の場合は実は汗をそのまま放置し、そこから雑菌が繁殖し、匂ってしまう、ということが多いのです。ワキガではないのにワキガだと悩んでいる方の中には、このようなケースが含まれていることも多いようですよ。